_blank
     


富士研修所より臨む富士山(富士吉田市)
「創造性の育成塾」は、“日本の未来を開き、世界に貢献出来る創造性豊かな中学生の育成”目的として、2006年7月に発足しました。

有馬朗人 塾長(元東大総長・文部大臣)の呼びかけで、毎年夏、全国から選抜された理科好きの中学2年生40人~50人が、富士の裾野に集結し、ノーベル賞受賞の先生方や一流の学者、優秀校の先生たちによる講義を受講しています。

物資源の乏しい我が国が未来に向けて更なる発展を考える時、人的資源に頼らざるを得ませんし、特に科学技術の早急な発展が予測されるこれからの社会においては、理数系青少年の成長が待ち望まれています。

また、近年は、外務省の支援を得て、アジア各国からの塾生も参加しています。

毎回の「創造性の育成塾」では、科学の面白さを体験してもらい、創造性や自ら考える力を身につけてもらうべく実施しています。
参加した中学生は、毎時間、熱心に講義や観察・実験に集中し、多くの感動と体験をしました。きっと将来科学者として大きく羽ばたいてくれるものと期待されます。

2014年度 第9回「創造性の育成塾」の模様はこちらをご覧ください

合宿期間

第1回 平成18年 7月31日~8月12日までの12日間
第2回 平成19年 8月3日~11日までの9日間
第3回 平成20年 8月3日~11日までの9日間
第4回 平成21年 8月3日~11日までの9日間
第5回 平成22年 8月3日~11日までの9日間
第6回 平成23年 8月3日~11日までの9日間
第7回 平成24年 8月3日~10日までの8日間
第8回 平成25年 7月30日~6日までの8日間
第9回 平成26年 7月30日~6日までの8日間

合宿場所 山梨県富士吉田市 (一財)人材開発センター富士研修所
主催 特定非営利活動法人 ネットジャーナリスト協会
後援 文部科学省、東京都教育委員会、(独)宇宙航空研究開発機構、(独)科学技術振興機構、
全日本中学校長会、 全国中学校理科教育研究会、東京都中学校理科教育研究会、
読売新聞社、NHK、共同通信社
協賛

旭化成株式会社、出光興産株式会社、キヤノン株式会社、新日鐵住金株式会社、
全日本空輸株式会社、武田薬品工業株式会社、株式会社 東芝、トヨタ自動車株式会社、
日本生命保険相互会社、日本たばこ産業株式会社、日本郵船株式会社、
(社)日本理科教育振興協会、パナソニック株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、
松井証券、三井不動産株式会社、三井物産株式会社、三菱重工業株式会社、
株式会社ChannelJ (順不同)