第2回夏合宿 時間割

 

 

8月4日

1・2時限目      「開塾式」 有馬朗人・塾長
3時限目       「分子の衝突と化学反応」=李遠哲・前(台湾)中央研究院院長、ノーベル化学賞受賞者
4・5時間目(実験) 「燃料電池自動車を走らせよう」=小森 栄治・蓮田市立蓮田南中学教諭
6・7時間目(実験) 「炭素のゆくえを追いかけよう」=宮内 卓也・学芸大学付属世田谷中学教諭
8時間目(講話)   「創造性の育成」=関本忠弘・元NEC会長

 

8月5日

1時限目   「理科の面白さ」=龍崎邦雄・江戸川区立小岩第二中校長  瀬田栄治・葛飾区立双葉中校長
2・3時限目 「ハランの葉の不思議さについて観察を通して考える」=渡辺昭・ソニー教育財団総括主幹
4・5時限目 「化学が作る未来社会」=姫島義夫・東レ研究・開発企画部長ほか
6時限目   「物質の粒子概念について」=山口晃弘・品川区立小中一貫校日野学園主幹
7時限目   「宇宙飛行士の仕事と夢」=山崎直子・宇宙飛行士
8時限目   「正義感だけではダメだよ、環境問題」=中西準子・国立産業技術総合研究所化学物質リスク管理研究センター長

 

8月6日

1時限   「科学の世界の右と左」=黒田 玲子 東京大学教授、総合科学技術会議議員
2・3時限 「燃料電池-それは気体から電気をつくる未来のエネルギー」=小林 輝明  新宿区立新宿中学校
4時限   「触媒」=藤田 照典 三井化学触媒科学研究所長
5時限   「酸化・還元 ~時計反応~」=兼龍盛 江戸川学園取手中学校・高等学校
6・7時限 「ロボットプログラミング(LEGO MINDSTORMS)」=高畠勇二 練馬区立八坂中学校校長

 

8月7日

富士山五合目自然観察 及び、山梨県環境科学研究所 学習

 

8月8日

1時限目   「ロボットプログラムコンテスト」=高畠勇二・練馬区立八坂中学校校長
2時限目   「国際宇宙ステーションを探そう」=中村日出夫・東京品川区立荏原第二中学校長
3時限目   「地球環境との共存」=中村邦夫・松下電器産業会長
4・5時限目  「セレンディピティーを知っていますか?」=白川英樹・筑波大学名誉教授 ノーベル化学賞受賞者
6・7時限目  「おいしく食べて、健康づくりの研究」=鳥居邦夫・味の素ライフサイエンス研究所上席理事 河合美佐子・同主席研究員
8時限    「星座の観察」=瀬戸治夫・江戸川区立小岩第二中学校 教諭

8月9日

1時限目「水溶液の正体は?」=五十嵐 邦享・全国中学校理科教育研究会顧問
2・3時限目「カルメ焼きはなぜ膨らむ」=高梨 賢英・慶応義塾幼稚舎教諭(理科専科)
4時限目「何でもやってみよう」=張 富士夫・トヨタ自動車会長
5・6時限目「高吸水性ポリマー=SAP」 駒崎 太夢・BASF コーポレートコミュニケーションズ 他
7時限目「天体の日周運動と地球の自転」=瀬戸 治夫・江戸川区立小岩第二中学校教諭

8月10日

1時限目  「分子生物学入門」=伊藤 聡・小平市立第六中学校教諭
2・3時限目 「空飛ぶタネ」=下田 治信・昭島市立福島中学校教諭
4・5時限目 「虹でとらえる物質の姿」=江崎 士郎・世田谷区立梅丘中学校主幹
6時限目  「アインシュタインの世紀」=有馬朗人・塾長、元東大総長、元文部大臣
7時限目  「閉塾式」

summercampをフォローする
創造性の育成塾 第1回夏合宿(2006年)・第2回夏合宿(2007年)
タイトルとURLをコピーしました