NPOネットジャーナリスト協会 創造性の育成塾 夏合宿2011

創造性の育成塾トップページ > 第6回夏合宿 > 夏合宿の時間割、授業内容はこちら > 詳細

 

 

     8月8日 (月) 3時限目

 

13:00~

藤原 健嗣

旭化成株式会社社長

講話

「昨日まで世界になかったものを」

 

 


 

 

 

旭化成株式会社 社長の藤原先生は、「昨日まで世界になかったものを」と題して、燃料電池から医療まで、様々な先端技術に使われている「膜」の技術について紹介しました。

藤原先生は、「ものを分けるとは、分けたいものの違いを見抜き、利用すること」と述べて、「中空糸」や「不織布」「多孔質ビーズ」などの技術によって作られた膜で、液体やガスといった物質から、血液中のウイルスに至るまで、特定の物質を選択的に分離する技術を解説。

実際に使用されている中空糸フィルターで、水を濾過するデモンストレーションも行われ、先端技術に触れた塾生たちは、目を輝かせていました。

 

 

 

→授業の模様を動画で見る

 


 

 

 

【 ご 紹 介 】

1947年愛媛県生まれ。
69年京都大学工学部機械工学科卒業、同年旭化成工業株式会社(現 旭化成株式会社)入社。
入社当初より、水島コンビナートの石油化学プラント建設から製造指揮まで、約20年間一貫して現場に携わる。
その後、シンガポールの現地法人社長、エレクトロニクス事業の責任者、旭化成ケミカルズ社長等を経て、2010年4月旭化成株式会社代表取締役社長に就任。
今年度より5ヵ年の中期経営計画「For Tomorrow 2015」を策定。「昨日まで世界になかったものを。」をスローガンに、社会の変化を先取りした“いのち”と“くらし”への貢献のため、日々奮闘中。