「誕生日が同じ」

【夏合宿レポート】

2009年8月4日

8月4日 6時限目
「誕生日が同じ」
山口晃弘 品川区立小中一貫校日野学園副校長

山口先生は冒頭、突然「身振り手振りだけで誕生日順に一列に並ぶこと」と指示。
塾生たちは真剣に指示を聞き、戸惑うことなくスムーズに並びました。

その後、誕生日の確認をしたところ、塾生40人の中に同じ誕生日は二組。
では、出会った人の中に同じ誕生日の人がいる確率は、どのくらいなのでしょうか。

2人の場合、3人の場合、4人の場合を、グループに分かれて必死に計算。
正解の発表に一喜一憂しつつ、合宿初めてのグループでの作業は、和気藹々と進みました。

40人の中に、同じ誕生日の人がいる確率は89.1232%。
また、一つ一つの部品に90%の信頼度があっても、その部品が1000個集まってできた製品の信頼度はほぼ0%。
意外な数字に驚きながら、確率を求める意義について学びました。

座学が続いた初日。少し体も動かした塾生たちは、良い気分転換が出来たようです。

(事務局・伊奈)

山口晃弘 先生 プロフィール
品川区立小中一貫校日野学園副校長。

授業で使われた資料


Link

更新までお待ちください。

   
   
←前の時間のレポートを見る

 


+ 夏合宿のトップページ

+ 合宿時間割
(各授業の詳細はこちらからご覧下さい)

+ 創造性の育成塾のトップページに戻る

 


ページおよび動画の閲覧にはWindows Media Player9以上Adobe Readerが必要です。各サイトからプラグインをダウンロードして、ご利用ください。