NPOネットジャーナリスト協会 創造性の育成塾 夏合宿2011

創造性の育成塾トップページ > 第6回夏合宿 > 夏合宿の時間割、授業内容はこちら > 詳細

 

 

     8月6日 (土) 1時限目

 

9:00~

北澤宏一

科学技術振興機構

理事長

講義

「空中に浮く超伝導」

 

 


 

 

 「超伝導」とは何かについて、その第一人者である北澤先生に学ぶ、貴重な機会です。

北澤先生は、電気抵抗が0となる、電気の減衰がない「永久電流」が流れる、冷却すると磁力に影響を与えるなどの、古典物理学では理解できない超伝導体の不思議な性質を紹介。

また、これを応用したリニアモーターカーや、供給量が不安定な自然エネルギーを大規模にまとめて安定供給を図る「超伝導グローバル電力ネットワーク」構想、そして発見から20年を経て、実際に使われるようになった高温超伝導体などについても塾生に紹介しました。

 

 

北澤先生は最後に、赤道を1周する超伝導の「鉢巻き」によって、年々弱まっていく地球の磁力線を補完するという壮大な夢を語り、超伝導技術の大きな可能性を示して講義を終えました。

 

 

→授業の模様を動画で見る

→授業の資料を見る(PDF)

 


 

 

 

 

【 ご 紹 介 】
現在・(独立行政法人)科学技術振興機構理事長
北澤先生は、昭和18年生まれの68歳で、東京大学理学部化学科を卒業して大学院博士課程を修了。アメリカのマサチューセッツ工科大学に渡り、博士課程修了。
そして、東大にもどり講師、助教授から工学部化学科教授に就任。その後、超伝導工学教授、低温センターセンター長、大学院新領域創成科学研究科教授を歴任。
平成14年に科学技術振興事業団専務理事。
同19年10月から現職・(独)科学技術振興機構の理事長です。

また、東日本大震災後には、日本学術会議・東日本大震災対策委員会の「エネルギー政策の選択肢分科会」委員長としても活動されています。

ご専門は、物理化学、固体物理、材料科学、磁気科学、超伝導工学など。
特に、セラミックスの研究では、“20世紀のセラミックスを先導した論文”など数多くの研究論文を国内外に発表し、多数の受賞歴がある、この分野の最高権威です。