第8回夏合宿-HOME  > 授業レポート

 
   
 
  

 

 7月31日 (水) 3時限目

 

13:00~

安西 祐一郎

日本学術振興会 理事長
元・慶應義塾塾長

講義 

「心と脳 ― 認知科学の探究」

 

 

⇒動画で授業を見る

 

 

人間の心はどこにあるのか?脳のメカニズムがどうなっているのか?
これは未解決の問題。私達の社会や生活に関わる、大きな問題である―とご自身の研究分野である認知科学について話し始めた安西先生。

 

まず、脳の図を示して各部位が司る働きについて解説。
脳と心の科学は、様々な分野を総合した分野で未開拓の部分が多く、現在、世界中の科学者が競って研究をしていると説明しました。

 

突然、「こんな話し方でいいかな?」と塾生に問う安西先生。「科学者の特長は、熱中すること。話していると楽しくなっちゃう」と、科学者の原点について話しました。

 

虹の写真を見せて、「何色に見える?」と安西先生。この質問を様々な国の人に聞くと、日本では7色、アメリカでは6色・・・と、それぞれ答えが違うことを紹介。
他にもたくさんの例を出し、人間の心は脳からだけでなく、教育や社会からも影響を受けると説明しました。

 

 

認知科学や脳科学の研究の広がりや可能性について紹介した後、理科好きの塾生達に「糸巻きの問題」を出題。


まとめに「科学者になるなら熱中すること、好奇心を持つこと。そして切磋琢磨できる仲間をつくること」と、塾生の脳を刺激して講義を終了しました。

 

 

塾生からの質問では、「頭を打ったときに目の前がキラキラするのはなぜ?」「文学では国や地域で表現手法が違うが、脳の働きが違うのか」など、身近な疑問について質問が相次ぎ、安西先生は一つ一つ丁寧に回答していました。