8月1日 1時間目(9:00~)

有馬 朗人 (塾長)

開塾式


開塾式は、有馬塾長のご挨拶から始まりました。
今年度はアジア3か国から来た生徒が加わり、国際色豊かな顔ぶれ。
初めに有馬塾長は彼らに起立してもらい、「来てくれてありがとう、頑張って」と励ましました。

お話の最初は、日本の子どもの学力低下について。根拠をもとに考える研究者魂(!)をもつ有馬塾長自身が調べ上げたデータによれば、実は日本の子どもたちの学力は世界でも高く、アジア諸国も同様に高い学力があるといいます。

「日本の小学生よ、中学生よ、日本の青少年よ、もっと自信を持ちなさい。同時に、アジアの子どもたちよ、自信を持て。みなさんには若いうちに大きな夢を持ってほしい」と、有馬塾長は力強いメッセージを贈りました。

お話のあとの質疑応答では、塾生から次々と質問が挙がりました。 「日本やアジアの子どもの学力が高いのはなぜ?」「有馬先生は中学生のときにやりたい研究を見つけていたのか?」「研究を続けるにあたって志すべきことは?」などなど…。 質問の一つ一つに、塾長は自分の経験談を交えながら熱心に答えてくださいました。

「自信を持ち、体は丈夫に。海外から学びながら大きな夢を持って頑張ってほしい」というまとめの言葉で、有馬塾長は開塾式を締めくくりました。

およそ一時間に及ぶ、盛りだくさんの開塾式。
やる気がぐんと上がった塾生たちの7日間が始まりました。
(3期生 小林実可子)


 

Pick Up

これまでの夏合宿