8月2日 2時間目(11:00~)

藤川 淳一 (東レ株式会社 常任顧問)

先端材料が拓く地球の未来
-社会の持続的成長に貢献する東レの先端材料-


2時限目は、基礎素材繊維を中心に、先端材料を幅広く扱っている東レの藤川先生。研究者ではなく産業界で活躍する方のお話は、今回の合宿で初めてです。

主なテーマは、2種類の先端材料、炭素繊維と海水淡水化膜(RO繊維)。
炭素繊維をプラスチックに混ぜると、非常に軽くて強い材料ができます。これが一般に炭素繊維と呼ばれているもの。軽くて丈夫な特徴を生かし、釣竿から飛行機まで幅広く利用されているそうです。
塾生には、炭素繊維を利用した釣竿が渡され、その軽さを実感しました。

一方の海水淡水化膜は、水処理に使われる繊維です。
分子の大きさの違いを利用することで、海水から真水をつくることができます。水不足の地域に飲料水を提供するなど、世界への貢献にもつながる材料です。

お話のあとの質疑応答も盛り上がりました。 先端技術を用いた材料のお話だけではなく、研究者が経営者の視点を理解することの大切さ、エネルギーや費用についての問題など、社会と直接関わる視点から語られる貴重なお話を、塾生は興味深そうに聞いていました。


(3期生 小林実可子)



経歴

1970年3月 東京大学大学院 工学系研究科 原子力工学 (放射線高分子化学)修士課程修了
1970年4月 東レ株式会社 入社
1970年5月 開発研究所
1983年4月 開発研究所主任研究員
1987年3月 電子情報材料研究所主任研究員
1989年10月 電子情報材料研究所情報材料研究室長
1994年5月 滋賀事業場電子材料製造部長
1995年11月 滋賀事業場オプティカル生産部長
1998年6月 技術センター企画室次長
2001年6月 経営企画第2室長
2002年6月 取締役 経営企画室長
2004年6月 常務取締役 経営企画室長
2007年6月 専務取締役 電子情報機材事業本部長
2010年6月 代表取締役副社長 経営企画室長
2014年6月 常任顧問 東レ総合研修センター所長
2015年4月 国立研究開発法人産業技術総合研究所理事(兼務)


Pick Up

これまでの夏合宿