科学オリンピックをめざす、ノーベル賞学者たちとの夏合宿

開催概要

  • HOME »
  • 開催概要

「創造性の育成塾」は、日本の未来を担い世界に貢献できる青少年の育成を目的とした夏合宿です。全国から選抜された科学好きの中学2年生を対象とし、2006年にスタートしました。科学の面白さを体感しながら、“創造性”や“自ら考える力” を身につけてもらいたいという考えから、世界的な物理学者である故 有馬 朗人先生を塾長に、ノーベル賞受賞者をはじめ一級の科学者を招いて夏合宿を開催してきました。これまで、約670 名が受講しています。(2021年現在)
また、この「塾」は、物理・生物・化学・数学・情報・地学・地理などの「国際科学オリンピック」などに挑戦してくれる人材を育てます。 広く参加してくれることを願い、塾生の参加・交通費は無料です。(※一部負担の場合あり)

創造性の育成塾の特長

・参加資格は「中学2 年生」

子どもと大人の間である中学2 年生の時期に、多方面で活躍する一流の科学者に出会い、自分の将来についてじっくりと向き合ってほしいと考え、参加条件を「中学2 年生」にしています。各科学オリンピックは高校生を対象としているため、それに向けた準備期間も十分に取ることが出来ます。

・参加・宿泊費は無料

家庭の事情や地域差によって学びの機会が奪われないようにしたい。学びたいという意欲がある子供たちに平等にチャンスを与えたいと考え、創造性の育成塾では、合宿参加費、交通費、宿泊費、実験費用などは全て塾で負担します。運営は、この活動に賛同する企業各社の協賛金によって賄われています。

これまでの夏合宿一覧

スペシャルコンテンツ





歴代の講師陣

PAGETOP